誰も教えてくれないお金の知識

お金に関することを紹介していきます。あとはブロックチェーンに関することをちらほらと。。。

らふについて(ぷろふぃーる)

こんにちは。 らふです。


1990年10月生まれの新潟出身、埼玉在住、東京勤務。

現在はシステムエンジニアブロックチェーンエンジニア(研究・開発)、動画配信、ブロガーとして活動しています。

名前の由来は 人生 → Life → らふ って感じです。
 注意:Lifeの本当の読み方は分かってます笑


プロフィールとして僕のことを簡単に綴ります。  

 

失敗ばかりの人生。


振り返ってみると、僕の人生はこんな感じでした。

小、中学校は超絶人見知りで女子とは会話ができない。
 ↓
高校は地元の悪評高校。(どちらかというとジミーズ系)
 ↓
専門学校に進み東京での就職を試みるが全滅。
 ↓
なんとか地元で就職はできたが超絶ブラック会社
 ↓
会社の良し悪しの区別がつかず約7年間勤務。
 ↓
サラリーマン中に友人からビジネスの誘いがあり、もともと世間を知らない自分は安易に乗っかる。
 ↓
結局、もろもろ上手くいかず気づけばお金だけを失う笑。
 ↓
自分の生き方、在り方を全て見直し、現在人生逆転中。👈今ここ

という傍から見たらバカ丸出しの人生を歩んできました。

けど、全く後悔はしていません。
失ったものは大きかったんですが、その分得たものも多かったからです。
自分の良いところは超ポジティブシンキングです!(^^)!



そこからお金とは何か、人生とは何かとか考え始め、今に至っています。


ブログをはじめたきっかけ


昔の自分と同じ境遇(ブラック会社)にいる人に何か気づきや勇気を与えられたらと思っています。

人生は結構自由なんだよってことが伝われば嬉しいですね。

あとはブロックチェーンや仮想通貨に対する誤解が少しでも無くなってくれたらいいなと思い始めました。
時代を変える大きなイノベーションの一つだと思っているので、読んでくれる方がわくわくできるような内容を目指します!

性格


たぶん… おとなしくて、しゃべらなくて、つまんないやつ って思われてます(;´д`)

けど決して怒りませんし、人の悪口も言いません(たまに出ちゃうけど)

思い立ったらすぐ行動してしまうので、周りからは「行動力ヤバス」って言われたり…

人に対する偏見とか一切ないので、気軽に絡んできてください!!

趣味や好きなこと


ブロックチェーン
・読書(お金、経済、伝記系)📚
スノーボード(ちょこっとだけ)⛷
ハンドフルート
・カラオケ🎤
・ドライブ🚙

↓ ↓ ↓ 嫌いなこと ↓ ↓ ↓
パクチー🍀
・じっとしていること (。-`ω-)ムズムズしてしまう


今後の目標


夢は3つ!!
・人々の生活を大きく変えるイノベーションを起こすこと
・世界中飛び回ること
・自力で空を飛ぶこと笑(まじめに考えてる ^^)

30歳までにはそれが現実味を帯びれるように計画中です。

そんなこととブロックチェーンだけを日々考えながら活動してます。


コンタクト

Twitter:「mklife1018」

ちょこっと補足

気になったらたまーーにこのブログを見に来てください!

結局ビットコインって買った方がいいの?買わない方がいいの?なんなの?

f:id:ktmn1018:20191010222724j:plain

 

らふです。

 

ビットコインに興味があるけどよくわからない。

という人に向けて、気を付けるべきことを解説します。

 

 

ビットコインって何?

 

ビットコインを理解するうえで必ず知っておかなければいけない知識があります。 

全て一から解説しようかとも思いましたが、とても長くなりますし、他のサイトでも解説しているので省きます。

 

 

 

ビットコインって怪しい

 

未だにビットコイン(仮想通貨)の印象は

「怪しい、怖い、よくわからない、価値が無い、危険」

というイメージが強いですよね。

 

 

それはそうです。

あれだけのバブルが起きて、億単位で儲けた人もいれば、大損失を出した人もいます。さらに詐欺のような投資案件がはびこっていたので仕方ないと思います。しかもブロックチェーンという難しい技術で作られていて中々理解が出来ない人も多いと思います。

 

 

しかし、冷静に考えてみると全く怪しいものではありません。

 

 

だって、価格変動が大きいただのお金ですから。

  • 円は日本が発行している通貨
  • ドルはアメリカが発行している通貨
  • ユーロは欧州連合が発行している通貨

で、ビットコイン世界中の個人や企業(誰でも参加可能)が管理、発行している通貨です。

 

管理主体の概念が違うだけでお金です。

 

たぶん「お金とは何か」ということが理解できてくると全然怖いものではないことが分かります。

 

 

 

お金儲け目的で買ってはいけない

 

ビットコインを買う理由で多いのが

  • お金儲けをしたいから
  • 誰かに勧められたから

ですよね。

 

確かにたくさん儲けた人は世界中にめちゃくちゃいます。

 

しかし私はこのような買い方はお勧めしません。というか絶対に止めた方がいいです。

 

なぜなら、これには大きなデメリットがあります。

・価格が上がることは確定していない。

・1円でも損をすると精神的ダメージが大きい。

・損をした場合に教えてくれた人のことを信じれなくなる。

だからです。

 

億り人何て言われた人が多数出現しましたが9割9部の人は運が良かっただけです。

 

分からないものをお金目的で買うと、ろくなことがありませんので気を付けてください。

 

 

資産防衛として仮想通貨

 

資産防衛って聞いたことがありますか?

簡単に言うと「自分の資産を守りましょう」ということです。 

 

例えば、

今あなたは1万円持っています。

 

現在 :リンゴが1個100円なので、100個買えますよね。

1年後:しかし、リンゴが1個200円になったら50個しか買えません。

 

これって現在と1年後を比べると1万円の価値が半分になっていることに気づきますか?

 

今持っている1万円が1年後には5000円になっているということです。一生懸命100万円を貯めたのに、1年たったら50万円になっていたと同じ事です。

 

過去の例としてジンバブエという国で、カバンいっぱいに札束を入れておかなければ商品が買えないほどお札の価値が下がったことがありました。

 

日本が同じような事態になることは考えにくいですが、経済が停滞しているので今よりも価値が下がることは考えられます。

 

 

一部の投資家などでは、このようなこと発生した場合に自分のお金を守るため「日本円」以外にも「外貨貨幣、絵画、不動産、ビットコイン」など色々なものにお金を変えています。

 

このように将来的に自分のお金を守る行動を取ることを資産防衛と言います。

 

私の場合は、この考え方で毎月ビットコインを積み立て購入をしています。

 

 

 

結論

 

買ってもいいと思う人、

 

買うべきではない人、

  • お金儲けが目的
  • 他人から勧誘されたから手を出してみたいと思っている
  • リスクや中身を理解しない人

 

と私は考えます。

 

 

 

最近でも、ブロックチェーン、仮想通貨を使った投信案件を未だに耳にします。

 

ブロックチェーンは何でもかんでも使えるような万能な仕組みではありません。

 

お気を付けください!

 

 

読んでいただき有難うございました_(:3」∠)_

www.blockchain-life-mk.com

 

給料泥棒って羨ましいですか??

f:id:ktmn1018:20191009201810j:plain

らふです。

 

 

今日カフェで作業していたら以下のような会話が聞こえてきました。

 

男1「〇〇さんって全然仕事してない。絶対給料泥棒だろ。」

男2「だよな!仕事しないで金もらえるなんて羨ましいよなぁ。」

 

私は給料泥棒をしたければすればいいじゃん、程度で考えています。

 

理由を説明していきます。

 

 

給料泥棒は損しかしてない

 

一般的に給料泥棒の定義は、

 

会社でろくに働いていないのに給料だけもらっている人

 

ですよね。

 

 

確かに働かずにお金をもらえるなんて夢のようです。

 

 

 

しかし、忘れてはいけないのはサボっている時間も会社に居るということ。

 

 

もし、

会社に来てない、仕事もしない、時間も自由、けど給料はもらえる

これなら羨む気持ちも分かります。

 

しかし現実は、

 

会社にいる、やれることは制限される、仕事はしていない

冷静に考えてみてください。何も羨む要素がありません。

 

 

得られるものの違い

 

頑張って働いている人と、給料泥棒とでは得られるものが大きく変わります。

 

 

給料泥棒をしている人は、

  • 毎月の給料
  • サボっている無駄な時間
  • リストラのリスク

と、給料以外はマイナス面しかありません。

 

 

しかし、頑張って働いている人は

  • 毎月のお給料
  • 周りからの評価
  • 仕事の経験、スキル

と、給料以外にプラスの付加価値が手に入ります。

 

 

 

サボっているその瞬間だけを見ると「楽」をしているので納得がいかないかもしれませんが、

将来的に価値になり、良い人生を過ごせるのは確実に後者

です。

 

 

給料泥棒をうらやむ必要はありません。

「今後大変な思いをするんだろうなぁ」程度で考えておけばいいと思います。

 

 

読んでいただき有難うございました(*´з`)

 

www.blockchain-life-mk.com

【定期発信🕊】人から薦められた投資はするな

f:id:ktmn1018:20191008205257j:plain

 

らふです。

 

 

最近、高額投資案件や高額リターンがあるビジネスが流行っていますね。

 

内容を聞いてみると、

 

> 東大出身の友達から勧められたから。

> お金持ち、政治家や有名人が関わっているから。

> 最先端の技術だから。

> 海外事業で将来性があるから。

 

という表面的な理由ばかり説明されます。

 

 

もし、始めようと考えている方は、

  1. 自ら計算し数字の根拠を確認する。
  2. 実体があるのか証拠となるものを確認する。
  3. 会社の売上、経営状況を確認する。

など、数字や根拠となる資料を確認することをお勧めします。

 

 

 

しかし、このような話をしても9割9分の方は「ふ~ん」で終わります。

 

 

だって、分からないですからね。

 

何を確認したらいいのか、誰に確認をしたらいいのか、どのように数字の根拠を求めたらいいのか。。。

 

なので、目の前にいる紹介してくれた人や、その事業に関わっている人の言葉を信じるしかありません。

 

しかも相手は口がうまいので、めちゃくちゃ魅力的で、堅実性がありそうに話してくれます。

 

 

覚えておいて欲しいことは、

高額投資案件の9割は1年とたたず破綻します。

 

 

 

 

知識が無いとお金を取られるだけです。弱者になるだけです。

なので、自分で調べられるだけの知識を付ける必要があります。

 

 

 

経済が停滞し、夢が見れない日本だからこそ夢のある話がめちゃくちゃ魅力的に見えてしまいます。

 

 

そのようなビジネスをやることを悪いことだとは思っていません。

夢に向かって新たな一歩を踏み出すことも良いことだと思います。

 

ただし、その裏で誰かが損をしているということを忘れないで欲しいです。

 

自分に教えてくれた人が儲けたお金は、自分が出したお金です。

自分が今後儲けようと思っているお金は、誰かのお金です。

 

 

自分は色々な失敗を経験して、自分のお金、そして他人のお金の大切さに気付きました。

 

 

人生を壊すようなお金の使い方する人が少しでも減ることを願いします。

 

ここまで、読んでいただき有難うございまいた(*ノωノ)

 

www.blockchain-life-mk.com

ケチになると人生を損する

f:id:ktmn1018:20191007213831j:plain

 

らふです。

 

 

「節約」と「ケチ」の違いについて私の考えを説明します。

 


どちらも同じように「お金を使わない」と捉えがちですが、明確な違いがあります。


 

「節約」と「ケチ」の違い

 

私は以下のように定義しています。

【節約】
人に不快感や迷惑をかけず、自分の出来る範囲でお金を使わないこと。

【ケチ】
他人の迷惑は関係ナシに、とにかく自分のお金を使わないこと。

他人を思いやれるか、そうではないかということです。

 

 

具体的な行動で考えた場合の違いは以下です。

 

 

「節約」は、

・食費を1日1500円から1000円にする。
・洋服を少し安めのものにする。
・シャワーの時間を少し短めにして水道代を減らす

などと、自分の生活の範囲内でなるべくお金を使わない方法を取ります。

 

 

逆に「ケチ」の場合は、

・飲み会でお会計前に自分だけこっそり帰宅する。
・借りた1000円を忘れる、ごまかす。
・自ら誘ったにも関わらず相手にご飯をおごらせる。

など、とにかく自分の利益を優先します。

 

 

ここまででなんとなく想像がつくと思いますが、

 

「ケチ」の人と一緒に居たくはありませんよね(;^_^A

 

 

 

お金は信用の裏返し

 

何でもかんでもお金を出すことから逃げている人は信用できません。

 

信用が無ければいくらお金を使わない努力をしても、増えることはありません。

会社で考えた場合も「成果を出して会社に貢献してくれると信用している」からこそ給料を上げてくれます。

 

目の前の数百円、数千円で信用を失わないように気を付けてください。

 

 

節約したお金は人の為に使う。


そして、節約したお金は他人の為に使うことをお勧めします。

 

人は何かを与えてもらったら、それ以上のものを返したくなります。

例えば、友達から誕生日プレゼントをもらったらうれしいですよね。

友達の誕生日にはそれ以上のものをプレゼントしたくなると思います。

 

・親、友達にプレゼントをする
・助けになっている先輩や友達へご飯をごちそうする。
・世界の貧困に苦しむ子供のために寄付をする


このような些細なことが巡り巡って自分の所に返ってきます。

 

 

・無駄なことにはお金を使わない。(節約をする)
・余ったお金は人のため、未来のために使う。(ケチにならない)

 

 

これを意識するだけで人生がだいぶ変わってくると思います!

 


本日は以上です。
ここまで読んでいただきありがとうございました!(^^)!

日本人って借金があって当たり前じゃないですか?

f:id:ktmn1018:20191006175045j:plain

 

らふです。

 

 

ふと思いました。
日本人って借金があって当たり前なんだな、と。

 

 

一般的な家庭


生まれた時から既に、
マイホームや車のローンがある家庭で育ちます。

 

大きくなるにつれて教育ローンや奨学金を借り、
社会人になったら奨学金の返済が始まり、通勤や生活のために車をローンで購入する。

 

結婚式、葬儀、出産などお金の掛かるイベントを経て、
今度は家族の為にローンを背負っていく。

 

そしてマイホームの購入、車の買い替え、などで高齢になるまでずっと借金を返済し続ける。

 

 

すごく当たり前の家庭なのかもしれませんが、常に借金に追われています。


それで経済が回ってると考えることもできますが、、、

 

 

借金に対する意識

 

私は借金そのものは悪いものとは思っていません。

 

が、

 

意味や価値があるか無いかではなく、
「周りがそうだから、当たり前だから、仕方ないから」
という感覚の方が多い気がします。

 

なので借金に対し抵抗が無い方が多いのではないでしょうか?

 

 

平気で「遊ぶ為、欲の為のお金」としてカードローンやクレジットカードのキャッシングを使う人も少なくありません。

 

 

奨学金は批判されがちですが、将来に向けた投資と考えると悪いものではありません。

 

しかし、消費する為にお金を借りる、借金の返済のためにお金を借りる、
ことはマイナスしかないと思っています。

 

資産を増やすためにお金を借りる、という意識を持つべきだと私は考えています。

 

余談ですが、最近WealthNaviさんの説明会が近くでやっていたので行ってみました。ほとんどが50代くらいの方のようでした。20代は1割もいなかったと思います。

 

 

「当たり前」思考は危険


当たり前と思っていることは意外に無駄なことをしている場合があります。

 

格差が広がる世界において、どのように資産を形成していくか考えることは非常に重要です。

 

その借金は本当に必要なのか、今後の人生にどのような影響をもたらすのか。

 

論理だてて計算し数値を出すことでお金の使い方がかなり変わってきます。

 

 

お金は非常に大事ですので、無駄遣いしないような心がけをお勧めします!

 

読んでいただき有難うございました!

www.blockchain-life-mk.com

最近読んだ「お金」に関するお勧めの本📕

f:id:ktmn1018:20191005215224j:plain

 

らふです。

 

最近読んだお金に関するお勧めの本を紹介します。

 

Amazonへのリンクを貼ってありますがメルカリやKndleで買った方が安いので買いたい場合はそちらで購入することをお勧めします。

 

 

 

アメリカの高校生が読んでいる」シリーズ

 

お金に関する基本事項はこのシリーズにほとんど詰まっています。

内容も分かりやすいのでお金について何から勉強していいのか分からない方はこのシリーズから読んでみることをお勧めします。

 

アメリカの高校生が読んでいる資産運用の教科書

アメリカの高校生が読んでいる資産運用の教科書

 
アメリカの高校生が読んでいる投資の教科書

アメリカの高校生が読んでいる投資の教科書

 
アメリカの高校生が読んでいる金融の教科書

アメリカの高校生が読んでいる金融の教科書

 
アメリカの高校生が読んでいる経済の教科書

アメリカの高校生が読んでいる経済の教科書

 
アメリカの高校生が読んでいる会計の教科書

アメリカの高校生が読んでいる会計の教科書

 

 

 

「お金」の教養:山口治明さん

 

今話題の年金についてや「時代も加味したお金」について解説してくれています。

 

 

 

カイジ「命より重い!」お金の話

 

漫画の「カイジ」をベースにお金について解説してくれている本です。

「人の欲とお金」について心理的な観点も含めて解説してくれています。

自分に照らし合わせながら読んでみると結構面白いです。

 

カイジ「命より重い!」お金の話

カイジ「命より重い!」お金の話

 

 

 

 「働くことの本質」

 

お金だけではなく「働くことの本質」を問う一冊です。

10代、20代の若い方たちにお勧めです。

 

 

 

興味があればぜひ読んでみてください!

消費税を法人税で賄うという間違った考え

 

f:id:ktmn1018:20191004220818p:plain

 

 

らふです。

 

 

消費税と法人税について意見を述べたいと思います。 

 

 

消費税増税法人税で賄う?

 

テレビや情報サイト、某選挙活動でこんなことが言われていました。

 

消費税増税は減税された法人税を賄うための政策。

法人税累進課税にしてお金を持っている企業からさらに税金を徴収するべきだ。

 

と。

 

しかし、私はこの意見には賛同できません

 

 

 

法人税が増えると、個人の所得が減る

 

法人税とは会社が払う税金です。 

 

  • 法人税を上げるということは、企業が使えるお金が減るということ。
  • 企業が使えるお金が減るということは、企業の投資意欲が減るということ。
  • 企業の投資意欲が減るということは、利益拡大のチャンスが減る、もしくは利益が減るということ。
  • 利益が減るということは、従業員に配るお金も減る可能性があるということ。

 

消費税が変わらなくても、所得が減ったら意味がないですよね?

 

 

 

企業の活性化にはお金が必要

 

さらに、停滞している日本経済を活性化させるには企業活動が不可欠です。

 

 

企業が活性化する上で「企業が自由に使えるお金」は必需品です。

なので、なるべく自分の手元にお金が残るように減税対策を様々な方法で行います。

 

 

その一つの例が「税金が安い国に会社を作る」です。

 

 

となると、法人税が高い国へは海外企業が参入してくれません。もしくは日本の起業家も海外へ拠点を移す可能性があります。

 

 

 

という状況になってしまったら日本はさらに衰退していくのではないでしょうか?

 

 

 

最後に

 

消費税増税により個人消費が減少することで日本の経済がさらに停滞する可能性もあると思っています。

 

が、

 

少子高齢化で経済が停滞している日本においてある程度の負担は仕方ないと思っています。

 

高度経済成長期やバブルの頃とは時代が違います。

 

 

 

目の前のお金が減ることだけに気を取られていては大事なものを見失います。

 

少し視点を広げて物事をとらえてみてください!

 

読んで頂きありがとうございました!(^^)!

 

www.blockchain-life-mk.com