誰も教えてくれないお金の知識

お金に関することを紹介していきます。あとはブロックチェーンに関することをちらほらと。。。

【定期発信🕊】お金は汚くない

f:id:ktmn1018:20191001215935j:plain

 

らふです。

 

 

本日は、私のお金に対する考えを記載します。

 

 

 

お金のイメージ

 

これを読んでいただいている方はお金に対してどのようなイメージがありますでしょうか? 

 

 

 

未だに日本では、

「下品、汚い、闇金、裏金、税金、詐欺、窃盗」など悪いイメージが先行しています。

 

 

 

親から、

 

お金の話なんてよしなさい!

子どもは知らなくていい!

投資なんて危ないから止めなさい!

政治家やN〇Kは国民から巻き上げたお金で贅沢をしている!

 

このようなことを言われて育ってきた方も数多くいるのではないでしょうか?

 

  

 

 

確かに学校でお金のことは教えてくれませんし、親も浪費や貯金の仕方しか教えてくれません。

 

 

最低限のお小遣いやお年玉はもらえると思いますが、基本的にすべて親に預けて管理してもらっている家庭がほとんどです。

 

お年玉も「貯金して将来に備えなさい」という漠然とした価値観が根付いています。

私の家庭もそうでした。  

 

 

そうやって、幼少期からお金を遠ざけてきたことによって、

社会人になってから多重債務を背負ったり、少し調べればわかるような詐欺に騙されたり、貯金以外のお金の増やし方を知らない方が数多くいると感じます。

 

 

一番身近で何よりも大事なのに、知っているつもりになっている、もしくは知ることを恐れている方が多いように思えます。

 

 

 

余談ですが、今日から消費税が10%に上がりました、街中ではデモもやっていましたね。

個人的には消費税が2%上がったところで一般的な家計に大きな影響が出ることは無いと思っています。自身の家計状況を把握しておらず「ただただ上がることに反発している」だけな気がします。(消費税を上げることに賛成はしていません)

 

 

 

私はお金ものすごく大事で、何よりも知っておくべきものだと考えています。

 

なぜなら、 

生まれた時から死ぬまですべての人間の身近にあるもの、それがお金 です。

 

お金があって当たり前という考えを一度捨てて、少し引いた見方をすると見えてくるものが変わるのではないでしょうか?

 

 

 

 

このブログでは普段考えないお金の考え方、管理の仕方を発信しています

 

少しでも自分の思いが届くようにこれからも毎日このブログを更新していきます!

 

読んでいただき有難うございました!

 

www.blockchain-life-mk.com

貯金額ではなく純資産額を把握する

f:id:ktmn1018:20190930215512j:plain

 

らふです。

10年ぶりに同窓会します。

 

 

 

 

お金の状況を把握する際に「銀行預金と財布」だけに着目しがちですが、「純資産」も把握することをお勧めしています。

 

※純資産とは「貯金、財布の中、家、車、ゲーム機、宝石、仮想通貨、借金」などお金に換算できる全ての物を総合したもの。

 

その計算方法を簡潔に記載します!

 

 

資産を把握する

 

例えば、以下のようなご家庭の場合を考えてみます。

  • 銀行貯金が300万円
  • 財布に5万円入っている
  • 家は借り家、家賃10万
  • 200万で購入したマイカーを所持
  • 3万円で購入したPS4を1台所有している

 

 

この場合に資産対象となるものは、

  •  ①貯金の300万 : 資産
  •  ②財布の5万   : 資産
  •  ③借り家     : 資産ではない
  •  ④マイカー    : 資産
  •  ⑤PS4     : 資産

と区分けが出来ます。

 

※③は自分のものではないので資産には計上しません。

 

 

この資産を全てお金に変換すると、

①300万 + ②5万 + ④200万 + ⑤3万 = 508万

という金額になります。

 

 

これが資産額、、、、と言いたい所ですが、

これだけでは少し考慮が足りません。

 

 

④と⑤は購入価格を購入時の金額で計算してはいけません。

200万円で購入した車が200万円で売れることはありませんので、実際の売却価格(想定でいい)で計算をします。

 

 

200万で購入した車を売却する場合は大体40万円程度、

PS4であれば5000円~1万円程度になるかと思います。

 

①300万 + ②5万 + ④40万 + ⑤1万 = 346万

 

の346万円が資産の合計金額となります。

 

 

 

 

負債も把握する

 

正確に資産状況を把握するには負債も含めなければなりません。 

 

1億円の資産を持っていようが1億円の借金があったらプラマイゼロです。

 

なので、負債も加味します。

 

例えば、

  • 奨学金の未返済分が100万円
  • 車のローンが120万円残っている
  • 友達に5万円貸している
  • クレジットカードの支払いが10万円残っている

という場合は、

 

 

合計で235万円の負債を持っていることになります。

 

 

 

これを把握する方法がバランスシート

これらを一目でわかるようにバランスシート(貸借対照表)という記載方法があります。主に企業等で使われますが個人でも同じように記載できます。 

 

 

上記をまとめると以下の表になります。

 

f:id:ktmn1018:20190930164025p:plain

 

 

資産と負債を合計した金額が「純資産」になります。

 

ここがマイナスの場合は極論「借金しか持っていない」ということになります。

 

プラスであっても多額の負債がある場合は注意が必要です。

 

 

 

試しでもいいので作ってみると、予想外の発見があるかもしれません!

 

 

ここまで読んでいただき有難うございました(*´▽`*)

 

fortunepocket.jp

老後に向けて必要な考え

f:id:ktmn1018:20190929210246p:plain

 

らふです。

スカイツリーの展望台がなかなか綺麗でした。

 

 

最近落ち着いていますが、老後の資金問題を掘り返してみます。

なんだかんだ2000万円、3000万円必要だと言われていますが、実際それだけの資金を貯めることが出来るのか計算してみます。

 

 

 

毎月いくら貯める必要があるのか

 

60歳までに30000万円を貯めるとすると、

 

年間の貯金額:3000万円 ÷ 40年間 = 75万

月間の貯金額:75万 ÷ 12ヵ月 = 6万2500円

 

20歳から毎月6万円近く貯めていかなければ3000万円に届きません

 

なかなか厳しい金額ですね。。 

 

 

ですが、

 

 

この計算はあくまで年金以外の収入が全くない場合のケースです。

 

 

「労働収入」→「貯金」というケースが一般的なので貯められるわけないだろうという話になってしまいます。

 

 

収入を一つに絞ってはいけない

 

一つの会社に勤めあげ、その会社からの給料だけで生活していくという時代はもう終わりつつあります。

 

一つの会社 + 年金

 

という時代から、

 

複数の収入源 + 年金(あればいい)

 

と、収入の流れが大きく変化しています。

 

 

 

インターネット、スマホが普及したことにより収入の選択肢も大きく増えました。

 

分からない、怪しいと毛嫌いするのではなく、とにかくやってみる、行動してみることを私はお勧めします。

 

 

 

老後に向けた選択肢

 

老後に向けた選択肢は大きく以下の3つになると考えています。

  1. 老後までに3000万円以上貯める
  2. 老後までに年金に加えて、毎月7万円以上が入る仕組みを構築する
  3. 老後も働く

 

 

特に3番の場合は、なぜか「老後も働く=悪いもの」という風潮がありますが、楽しく働けるのであれば生涯現役というのも全然ありなのではないでしょうか?

 

これが最善!というものはありませんので自分なりの答えを考え続けることが大切だと思います。

 

 

読んでいただき有難うございました!

 

www.blockchain-life-mk.com

【重要】会社の中でも稼ぐ意識をもつ

f:id:ktmn1018:20190928141938j:plain

 

らふです。

マインドマップにはまっています。 

 

 

 

サラリーマンをやっている方は毎月お給料を頂いていると思います。

 

 

これを「稼いでいる」と表現する場合がありますが、

私は間違っていると思っています

 

 

 

給料はもらっている

 

給料の発生源は、

会社が投資家や銀行から借りた資金、または会社が売り上げた利益の一部です。

 

ということは従業員が頂いている給料は、会社のお金の一部を分けてもらっているに過ぎません。

 

 

100万円の売り上げを上げても給料は30万円、

1万円しか売り上げを上げなくても給料は30万円、 

です。

 

 

「会社に仕える」ことでもらえるもの、それが給料です。

 

 

 

もらうことの何が問題なのか

 

もらうだけの人は市場価値がありません。

 

 

極端な表現をすると、

会社には何も与えないのに、お金だけはもらう

ということです。

 

 

会社を経営する立場になって考えてみてください。

仕事をしないのに給料だけ与えなければいけない人なんて要りませんよね。

 

 

もちろん、会社はそのようなことがないように

管理体制を整え、仕事を与えて、教育をして、与えた給料以上の売上を上げてもらえるよう努力をしています。

 

 

自分の生産性を把握する

 

毎月30万円もらっているのであれば、

会社の中で30万円以上の売上を上げている、もしくは30万円以上の売上に貢献しているのか把握してみることをお勧めします。

 

 

例えば、1000万円のシステム開発プロジェクトを5人で3ヵ月掛けて開発したとします。

 

 

これの1人当たりの生産額は、

  • 1000万円 ÷ 5人 = 200万円

です。

 

さらに月単位で考えると、

  • 200万円 ÷ 3ヵ月 = 約70万円

になります。

 

 

このように、日々の業務も含めて自分がどれだけ売上を上げているのか考えてみてください。

 

 

給料が売上より高い人は生産性が低いと判断されリストラ対象になる可能性があります。

 

給料が売上より低い人もっと給料を上げるための交渉材料になります。

 

 

 

意識が変わるだけで働くことが楽しくなります。

誰かに指示されるよりも自分から何かを行う方が楽しいと思いますのでぜひお試しください!

 

 

 

読んでいただき有難うございました。

言いたいことがまとまらなかったので、後に直します。。。

 

www.blockchain-life-mk.com

増税前の買い込みは無駄

f:id:ktmn1018:20190927225803j:plain

 

らふです。

( ~-ω-~)眠いです

 

 

 

ついに10月から消費税が8%から10%に上がりますね!

 

増税されるから、増税前セールをやっているからという理由で買い込みをしている人をたくさん見ます。

 

2%も増税されるので単純に考えれば今買うべきかもしれません。

が、私はお勧めしません。

 

 

理由はあまり得にならないから

 

金額別で増税前に購入することがどれほどお得になるのか考えてみます。

 

 

1万~

1~2万円の商品を買ったとしても200円~400円程度しか変わりません。

焦って買う必要はありませんね。

 

 

10万~

この金額になると家電製品が多いのではないでしょうか?

例えば20万円くらいの家電製品を買う場合は4千円ほど値段が変わってきます。

が、増税セール」をやっている家電量販店は在庫処分目当てか、新型でも安くなった風な値段表記をしているだけです。しかも4千円程度なら増税後でも交渉すれば下げられそうな範囲です

無理して買う必要はないと思います。

(パソコンなどあまり金額が変わらないものはいいかもしれません)

 

 

100万~

100万以上となると1万円単位で値段に差が出てきます。

しかし金額が大きいので金銭感覚がマヒし余計なものを買ってしまったり、余った分でさらに買わなくてもいいものを買ってしまったりします。100万円を使った後の1万円はほとんど抵抗を感じませんよね。

結果、増税額以上に無駄遣いしてしまう可能性があります。

 

 

1000万~

5000万円のマイホームを買うとなると100万円も差が出てきます。

 

しかし「増税前に急いで買わなきゃ」なんて焦って契約をしてしまうと、「住みたい家を建てる」という目的が「少しでも安く家を購入したい」という目的に変わってしまいます。目的が変わると、何が欲しいのかを見失ってしまいます。

購入してから後悔しても遅いので「増税されるから家を買う」という短絡的な行動はお勧めしません。

 

 

 

最後に

安易に「値段が上がるから今買わなければ」と考えてしまうと、逆に損をする可能性がありますのでご注意ください。

 

読んでいただきありがとうございました(*´▽`*)

 

www.blockchain-life-mk.com

【定期発信🕊️】小言

f:id:ktmn1018:20190926215553j:plain

 

らふです。

 

 

最近、日本人ってめちゃくちゃ恵まれているなーって思います。

 

 

 

食品は安全で、治安もいい、高度な教育も受けられて、仕事もある。

もし失敗しても生活保護という最低限の保証までされている。

  

生活が苦しい方もいるとは思いますが、

 

 

しかし世界に目を向けると、まともな水すら飲めない子供たちもたくさんいます。

 

 

その子供たちにとって、私たち日本人は何百倍も何千倍も裕福な生活をしているのではないでしょうか?

 

 

 

なのに、お金の話となるとお金持ちや政府への批判が後を絶ちません。

 

 

 

自分より裕福な人に対しては不平等だと批判をするのに、

自分より貧乏な人たちのことは見て見ぬふりをする。

 

 

 

理由を聞くと、

  • お金がもったいない。
  • 自分が寄付したところで何も変わらない。
  • 寄付をしても正しく使われるか分からない。

とお金の話ばかり。

 

 

 

物欲とお金に支配され、心が貧乏になってきている気がします。

 

 

自分より上を批判するのではなく、自分よりも困っている人を助けるために少しでも行動してほしいって思います。

 

 

 

小言でした。

【危険】給料日だから○○

 

f:id:ktmn1018:20190925222055j:plain

 

らふです。

 

 

本日は25日です(この記事を書いた日)

 

 

一般的に給料日ですね。

 

 

 

 

この時期になると、

 

よし!せっかく給料が入ったから贅沢でもしよう!

 

なんてことをよく耳にします。

 

 

 

 

しかし、この言葉、

 

僕には理解ができません。

 

 

 

 

給料がいくらになるのかは分かっているはずなのに、

  • 給料日だけは贅沢をしても問題ない日

みたいな風潮がありませんか?

 

 

「給料日に初めて額面が分かる」という方であれば、

「思った以上に給料が入ったから贅沢をしよう」と思う気持ちは分かります。

 

 

 

しかし、ほとんどの方はそうではありません。

 

口座にお金が増えた = 贅沢をしても問題ない日

 

というざっくりとした考えを持っている気がします。

 

 

給料日の前日に贅沢をしたって何も変わらないのに、

なぜか毎月の給料日に全てがリセットされるみたいな感覚の人が多くないですか?

 

 

 

この考えは結構危険だと思っていて、

 

 

 

また1か月後にお金が入るから今月は使ってもいいか」を繰り返すだけ、

来月も同じ状況になってしまう可能性があります。

 

 

この感覚だと絶対にお金は貯まらないと思います。

 

 

 

 

ちなみに、給料日は未だにATMに行列が出来る姿もよく見ますね。

 

給料日まで生活は出来るのに、給料日当日にお金をおろさなければいけないという状態になっていることが不思議です。

 

 

 

 

給料が入る日 = 贅沢が出来る日 と一概には言えないのでご注意ください。

 

 

ここまで、読んでいただきありがとうございました!(^^)!

 

www.blockchain-life-mk.com