誰も教えてくれないお金の知識

お金に関することを紹介していきます。あとはブロックチェーンに関することをちらほらと。。。

【お金の話】人の言うことは信じてはいけない

f:id:ktmn1018:20191020124302j:plain

 

らふです。

 

 

もし今後「お金を増やしたい、資産運用したい」

という時に絶対にやってはいけないことがあります。

 

 

それは、

人の話を鵜呑みにすること

です。

 

 

なぜ鵜呑みにしてはいけないのか

 

東京一等区のタワーマンションに招待されて、日本の将来への不安、資産運用の必要性を説明され、人脈の凄さの話をされて、高額投資商品の購入をお勧めされたらどう思いますか?

 

 

> 自分も将来が不安だから投資をしてみたい

 

と思ってしまう可能性はありますよね。

 

しかし、

 

どんなに魅力的に説明されても、

どんなに著名人が関わっていても、

どんなにお金のプロであっても、

どんなに身近な人であっても、

 

必ず裏があります

 

でなければ、わざわざ時間を取ってまでそんな素晴らしい商品を教えてくれるわけがありません。

 

 

> けど僕の友達はその投資案件で大きく儲けた

 

まず初めに言いたいことは
ローリスク、ハイリターンで安定的な投資なんて存在しませんし、元本保証もあり得ません。

 

世の中で蔓延っている投資商品は、
誰かを紹介したことによるインセンティブや手数料がメインの収入源です。

 

その人が儲けているお金は、投資ではなく「その商品を買った人のお金の一部」です。
あなたが今後儲けようと思っているものも投資ではなく「その商品を買ってくれた人のお金の一部」です。


投資ではありません。ただのリスクが高い営業販売です。

 

 

 

> 最近教えてもらった仮想通貨はどんどん値段が上がっているよ

 

今の仮想通貨(暗号資産)の価格は財力さえあれば簡単に上げることが出来ます。

 

日本のような取引所では有名どころしか扱っていないので難しいのですが、

海外のDEX系の取引所で扱っている通貨であれば、財力を使って仮想通貨の金額を継続的に上昇させるということはそんなに難しい話ではないということをお伝えしておきます。

 

 

> じゃあ何を信じればいいの?

 

自分です。

 

一気に儲けようとするのではなく、生活に影響が出ない範囲の少額で色々な投資や資産運用を試してみると、どのような仕組みで動いているのかが見えてきます。

 

 

お金儲けは慎重にお願いしますm(__)m

 

読んでいただき有難うございました!

www.blockchain-life-mk.com

 

www.blockchain-life-mk.com

タイ旅行で気づいたこと

f:id:ktmn1018:20191019151501j:plain

 

らふです。

 

 

数日間タイに行って気づいたことをお話しします。

 

 

タイはここ数年で一気に経済発展をしてきました。

平均年収は115万なんて言われていますが、そんなことを感じさせないくらい勢いのある国だと感じました。

 

1.物価が日本と変わらない

 

まずホテル近くのレストランで食べたピザは約400バーツ(日本円で1400円)です。


f:id:ktmn1018:20191019145122j:image

 

タラートロットファイ・ラチャダーという屋台が集合したようなマーケットがあります。
f:id:ktmn1018:20191019145145j:image

 

ここでは、

単品の食べ物だと60バーツ~100バーツ(日本円で200~280円)、

一品料理だと200~400バーツ(700~1400円)、

コップ一杯のビールは60バーツ(210円)という感じでした。
f:id:ktmn1018:20191019145242j:image

 

 

など、ほとんど日本で購入する金額と変わりませんでした。

 

 

2.軽自動車を見ない。

車はめちゃくちゃ多くて頻繁に渋滞するほど走ってはいますが、軽自動車を全く見ません。しかもほとんどの車がトヨタかホンダかマツダ(日本車)でしたね。

 

日本ほど税の優遇がないので軽自動車を買うメリットがないとも考えられますが、車を持っているほとんどの人が普通車を買えるだけの収入があるということに驚きでした。

 

 

3.コミュニケーションツールはLINEがメイン

 

街中でもLINEの広告はめちゃくちゃ見ます。

ほとんどの人がLINEを使っているようでした。

 

(日本のLINEとは少し仕様が違うようでしたが、、)

 

4.電車は結構頻繁に来る

 

海外だと電車はずさんで中々来ないようなイメージを持っている方も多いと思います。

 

しかし中心部バンコクの電車はだいたい5~10分間隔で来るので特にストレスもなく利用することが出来ました。

 

ただ正確な時刻表などはないので来たら乗るという感じです。

 

 

5.トゥクトゥク便利

 

タイでの移動手段は

車、電車、バイク、トゥクトゥク

のどれかです。

 

その中で日本にはないトゥクトゥクという乗り物が便利です。

写真撮り忘れました。

 

トゥクトゥクとはバイクとタクシーを足して2で割ったような乗り物で、

街中のお客さん待ちお兄さんたちに気軽に声をかけて、交渉して、送ってもらうので気軽に使えます。

しかも結構スピードを出すので風を感じながら楽しく乗れます。

 

料金制度は無いようなので料金は交渉次第ですが、

基本的に提示される料金はタクシーなどと比べると安いので「歩き疲れた、歩くのが少しだるい距離」などの場合に使うと便利です。

 

 

最後に

 

とても楽しめたのですが、その分危機感も感じました。

発展中の国の物価が日本とほとんど変わらないという状況。

 

これからもっと発展していくと日本のホワイトカラーの給料は越される日も遠くないと思われます。

 

日本はもっと危機感を持つべきですね(;^ω^)

 

www.blockchain-life-mk.com

結局ビットコインって買った方がいいの?買わない方がいいの?なんなの?

f:id:ktmn1018:20191010222724j:plain

 

らふです。

 

ビットコインに興味があるけどよくわからない。

という人に向けて、気を付けるべきことを解説します。

 

 

ビットコインって何?

 

ビットコインを理解するうえで必ず知っておかなければいけない知識があります。 

全て一から解説しようかとも思いましたが、とても長くなりますし、他のサイトでも解説しているので省きます。

 

 

 

ビットコインって怪しい

 

未だにビットコイン(仮想通貨)の印象は

「怪しい、怖い、よくわからない、価値が無い、危険」

というイメージが強いですよね。

 

 

それはそうです。

あれだけのバブルが起きて、億単位で儲けた人もいれば、大損失を出した人もいます。さらに詐欺のような投資案件がはびこっていたので仕方ないと思います。しかもブロックチェーンという難しい技術で作られていて中々理解が出来ない人も多いと思います。

 

 

しかし、冷静に考えてみると全く怪しいものではありません。

 

 

だって、価格変動が大きいただのお金ですから。

  • 円は日本が発行している通貨
  • ドルはアメリカが発行している通貨
  • ユーロは欧州連合が発行している通貨

で、ビットコイン世界中の個人や企業(誰でも参加可能)が管理、発行している通貨です。

 

管理主体の概念が違うだけでお金です。

 

たぶん「お金とは何か」ということが理解できてくると全然怖いものではないことが分かります。

 

 

 

お金儲け目的で買ってはいけない

 

ビットコインを買う理由で多いのが

  • お金儲けをしたいから
  • 誰かに勧められたから

ですよね。

 

確かにたくさん儲けた人は世界中にめちゃくちゃいます。

 

しかし私はこのような買い方はお勧めしません。というか絶対に止めた方がいいです。

 

なぜなら、これには大きなデメリットがあります。

・価格が上がることは確定していない。

・1円でも損をすると精神的ダメージが大きい。

・損をした場合に教えてくれた人のことを信じれなくなる。

だからです。

 

億り人何て言われた人が多数出現しましたが9割9部の人は運が良かっただけです。

 

分からないものをお金目的で買うと、ろくなことがありませんので気を付けてください。

 

 

資産防衛として仮想通貨

 

資産防衛って聞いたことがありますか?

簡単に言うと「自分の資産を守りましょう」ということです。 

 

例えば、

今あなたは1万円持っています。

 

現在 :リンゴが1個100円なので、100個買えますよね。

1年後:しかし、リンゴが1個200円になったら50個しか買えません。

 

これって現在と1年後を比べると1万円の価値が半分になっていることに気づきますか?

 

今持っている1万円が1年後には5000円になっているということです。一生懸命100万円を貯めたのに、1年たったら50万円になっていたと同じ事です。

 

過去の例としてジンバブエという国で、カバンいっぱいに札束を入れておかなければ商品が買えないほどお札の価値が下がったことがありました。

 

日本が同じような事態になることは考えにくいですが、経済が停滞しているので今よりも価値が下がることは考えられます。

 

 

一部の投資家などでは、このようなこと発生した場合に自分のお金を守るため「日本円」以外にも「外貨貨幣、絵画、不動産、ビットコイン」など色々なものにお金を変えています。

 

このように将来的に自分のお金を守る行動を取ることを資産防衛と言います。

 

私の場合は、この考え方で毎月ビットコインを積み立て購入をしています。

 

 

 

結論

 

買ってもいいと思う人、

 

買うべきではない人、

  • お金儲けが目的
  • 他人から勧誘されたから手を出してみたいと思っている
  • リスクや中身を理解しない人

 

と私は考えます。

 

 

 

最近でも、ブロックチェーン、仮想通貨を使った投信案件を未だに耳にします。

 

ブロックチェーンは何でもかんでも使えるような万能な仕組みではありません。

 

お気を付けください!

 

 

読んでいただき有難うございました_(:3」∠)_

www.blockchain-life-mk.com

 

給料泥棒って羨ましいですか??

f:id:ktmn1018:20191009201810j:plain

らふです。

 

 

今日カフェで作業していたら以下のような会話が聞こえてきました。

 

男1「〇〇さんって全然仕事してない。絶対給料泥棒だろ。」

男2「だよな!仕事しないで金もらえるなんて羨ましいよなぁ。」

 

私は給料泥棒をしたければすればいいじゃん、程度で考えています。

 

理由を説明していきます。

 

 

給料泥棒は損しかしてない

 

一般的に給料泥棒の定義は、

 

会社でろくに働いていないのに給料だけもらっている人

 

ですよね。

 

 

確かに働かずにお金をもらえるなんて夢のようです。

 

 

 

しかし、忘れてはいけないのはサボっている時間も会社に居るということ。

 

 

もし、

会社に来てない、仕事もしない、時間も自由、けど給料はもらえる

これなら羨む気持ちも分かります。

 

しかし現実は、

 

会社にいる、やれることは制限される、仕事はしていない

冷静に考えてみてください。何も羨む要素がありません。

 

 

得られるものの違い

 

頑張って働いている人と、給料泥棒とでは得られるものが大きく変わります。

 

 

給料泥棒をしている人は、

  • 毎月の給料
  • サボっている無駄な時間
  • リストラのリスク

と、給料以外はマイナス面しかありません。

 

 

しかし、頑張って働いている人は

  • 毎月のお給料
  • 周りからの評価
  • 仕事の経験、スキル

と、給料以外にプラスの付加価値が手に入ります。

 

 

 

サボっているその瞬間だけを見ると「楽」をしているので納得がいかないかもしれませんが、

将来的に価値になり、良い人生を過ごせるのは確実に後者

です。

 

 

給料泥棒をうらやむ必要はありません。

「今後大変な思いをするんだろうなぁ」程度で考えておけばいいと思います。

 

 

読んでいただき有難うございました(*´з`)

 

www.blockchain-life-mk.com

【定期発信🕊】人から薦められた投資はするな

f:id:ktmn1018:20191008205257j:plain

 

らふです。

 

 

最近、高額投資案件や高額リターンがあるビジネスが流行っていますね。

 

内容を聞いてみると、

 

> 東大出身の友達から勧められたから。

> お金持ち、政治家や有名人が関わっているから。

> 最先端の技術だから。

> 海外事業で将来性があるから。

 

という表面的な理由ばかり説明されます。

 

 

もし、始めようと考えている方は、

  1. 自ら計算し数字の根拠を確認する。
  2. 実体があるのか証拠となるものを確認する。
  3. 会社の売上、経営状況を確認する。

など、数字や根拠となる資料を確認することをお勧めします。

 

 

 

しかし、このような話をしても9割9分の方は「ふ~ん」で終わります。

 

 

だって、分からないですからね。

 

何を確認したらいいのか、誰に確認をしたらいいのか、どのように数字の根拠を求めたらいいのか。。。

 

なので、目の前にいる紹介してくれた人や、その事業に関わっている人の言葉を信じるしかありません。

 

しかも相手は口がうまいので、めちゃくちゃ魅力的で、堅実性がありそうに話してくれます。

 

 

覚えておいて欲しいことは、

高額投資案件の9割は1年とたたず破綻します。

 

 

 

 

知識が無いとお金を取られるだけです。弱者になるだけです。

なので、自分で調べられるだけの知識を付ける必要があります。

 

 

 

経済が停滞し、夢が見れない日本だからこそ夢のある話がめちゃくちゃ魅力的に見えてしまいます。

 

 

そのようなビジネスをやることを悪いことだとは思っていません。

夢に向かって新たな一歩を踏み出すことも良いことだと思います。

 

ただし、その裏で誰かが損をしているということを忘れないで欲しいです。

 

自分に教えてくれた人が儲けたお金は、自分が出したお金です。

自分が今後儲けようと思っているお金は、誰かのお金です。

 

 

自分は色々な失敗を経験して、自分のお金、そして他人のお金の大切さに気付きました。

 

 

人生を壊すようなお金の使い方する人が少しでも減ることを願いします。

 

ここまで、読んでいただき有難うございまいた(*ノωノ)

 

www.blockchain-life-mk.com

ケチになると人生を損する

f:id:ktmn1018:20191007213831j:plain

 

らふです。

 

 

「節約」と「ケチ」の違いについて私の考えを説明します。

 


どちらも同じように「お金を使わない」と捉えがちですが、明確な違いがあります。


 

「節約」と「ケチ」の違い

 

私は以下のように定義しています。

【節約】
人に不快感や迷惑をかけず、自分の出来る範囲でお金を使わないこと。

【ケチ】
他人の迷惑は関係ナシに、とにかく自分のお金を使わないこと。

他人を思いやれるか、そうではないかということです。

 

 

具体的な行動で考えた場合の違いは以下です。

 

 

「節約」は、

・食費を1日1500円から1000円にする。
・洋服を少し安めのものにする。
・シャワーの時間を少し短めにして水道代を減らす

などと、自分の生活の範囲内でなるべくお金を使わない方法を取ります。

 

 

逆に「ケチ」の場合は、

・飲み会でお会計前に自分だけこっそり帰宅する。
・借りた1000円を忘れる、ごまかす。
・自ら誘ったにも関わらず相手にご飯をおごらせる。

など、とにかく自分の利益を優先します。

 

 

ここまででなんとなく想像がつくと思いますが、

 

「ケチ」の人と一緒に居たくはありませんよね(;^_^A

 

 

 

お金は信用の裏返し

 

何でもかんでもお金を出すことから逃げている人は信用できません。

 

信用が無ければいくらお金を使わない努力をしても、増えることはありません。

会社で考えた場合も「成果を出して会社に貢献してくれると信用している」からこそ給料を上げてくれます。

 

目の前の数百円、数千円で信用を失わないように気を付けてください。

 

 

節約したお金は人の為に使う。


そして、節約したお金は他人の為に使うことをお勧めします。

 

人は何かを与えてもらったら、それ以上のものを返したくなります。

例えば、友達から誕生日プレゼントをもらったらうれしいですよね。

友達の誕生日にはそれ以上のものをプレゼントしたくなると思います。

 

・親、友達にプレゼントをする
・助けになっている先輩や友達へご飯をごちそうする。
・世界の貧困に苦しむ子供のために寄付をする


このような些細なことが巡り巡って自分の所に返ってきます。

 

 

・無駄なことにはお金を使わない。(節約をする)
・余ったお金は人のため、未来のために使う。(ケチにならない)

 

 

これを意識するだけで人生がだいぶ変わってくると思います!

 


本日は以上です。
ここまで読んでいただきありがとうございました!(^^)!