お金クリエイターとブロックチェーン@らふの日記🐹

お金に関することを紹介していきます。あとはブロックチェーンに関することをちらほらと。。。

アホみたいに「死ぬほど言いたい」の意味を分析してみた。

Twitterを見ていたら「死ぬほど言いたい」がバズワードになっていた。
ただ、自分は非常に違和感を感じた。

同じような違和感を感じる人もいるのではないだろうか?

その違和感を探るために、熟考してみようと思う。


「死ぬほど言いたい」とはどういうことか?

直感的に想像できるのは、
「とても、めちゃくちゃ、果てしなく」言いたい!

と取れる。

ただ、「死ぬほど」という単語とそれが結びつくのか?


簡単に訳してみよう。
「死んでしまいそうなくらい、言いたいことがある。」

これでは意味が分からない。
言わなければ死んでしまうということか?言いた過ぎて死んでしまいそうということか?
とにかく日本語として成立していない。

では、
「死ぬことと同じくらい、言いたいことがある。」
これではどうだろうか?

…これだとなぜか、死ぬことが良いことみたいにとれないだろうか?


まず、

「~ほど」とはどういう意味か。

一定の時間。程度。一定の速度

という意味がある。

この中で当てはまりそうなのは、「程度」だろうか。

「死ぬ程度言いたい」

これだと死ぬことが大したことではない感じになってしまう。


少し別の言葉を当てはめてみよう。

・「死ぬほど怖い」、「死ぬほどやりたくない」
→これであれば、なんとなく理解できる。

「死ぬほど怖い」=死ぬと同じくらい怖いことが起きている。
「死ぬほどやりたくない」=それをやることは死ぬことと同じくらい嫌なこと。

死ぬこと=めちゃくちゃ嫌なこと
と仮定すると、しっくりくる。うん。(当たり前だが...)

否定的な言葉につなげると違和感がない。

ではなぜ、「死ぬほど言いたい」は違和感を感じるのか。

死ぬほど言いたい、死ぬほどやりたい、死ぬほど欲しい。

という使い方をしてしまうと、死ぬことが良いことという風に変換されてしまう。

そう、肯定的な言葉につなげる場合は、「死」=「良いこと」でなければつじつまが合わなくなってしまう。

-------------------------------------
死ぬこと = 良くないこと
言いたい = 肯定的なこと
-------------------------------------

この様な組み合わせは普通は発生しないはずなのである。

-------------------------------------
悪い意味 + 否定的な言葉
良い意味 + 肯定的な言葉
-------------------------------------

が本来あるべき姿と考える。

例えば、
・死ぬほど言いたくない。
・1億円もらえるほど言いたい。(少し違和感はあるが意味は分かる)

という使い方が正しいのではないだろうか。


違和感の正体はこれであった。。

言葉として矛盾が発生していることは分かった。

ただ、一般的な使われ方を考えると上記の条件を超越しているように感じる。



結論として「死ぬほど言いたい」とはどういうことか。

言葉の使われ方から、

死ぬほど = どんなことよりも、何よりも、めちゃくちゃ

という意味を感じる。

ということは、スケールを表す表現の一つとして浸透していると思われる。

実際にどれほどなのかを考えると、以下のようになる。

とても < すごく < めちゃくちゃ < 果てしなく < 死ぬほど

死ぬことはこの世で最大限に怖いこと。何よりも最上位にある。

そう、「死ぬ」という本来の意味を失って、
「スケールを表す際の最高位に位置」しているのだ。

これでスッキリ(^^)

要は、、、、「死ぬほど言いたい」ということですね。。

みんな死んじゃだめだよ。






※文句、クレームはコメントまで