誰も教えてくれないお金の知識

お金に関することを紹介していきます。あとはブロックチェーンに関することをちらほらと。。。

給料泥棒って羨ましいですか??

f:id:ktmn1018:20191009201810j:plain

らふです。

 

 

今日カフェで作業していたら以下のような会話が聞こえてきました。

 

男1「〇〇さんって全然仕事してない。絶対給料泥棒だろ。」

男2「だよな!仕事しないで金もらえるなんて羨ましいよなぁ。」

 

私は給料泥棒をしたければすればいいじゃん、程度で考えています。

 

理由を説明していきます。

 

 

給料泥棒は損しかしてない

 

一般的に給料泥棒の定義は、

 

会社でろくに働いていないのに給料だけもらっている人

 

ですよね。

 

 

確かに働かずにお金をもらえるなんて夢のようです。

 

 

 

しかし、忘れてはいけないのはサボっている時間も会社に居るということ。

 

 

もし、

会社に来てない、仕事もしない、時間も自由、けど給料はもらえる

これなら羨む気持ちも分かります。

 

しかし現実は、

 

会社にいる、やれることは制限される、仕事はしていない

冷静に考えてみてください。何も羨む要素がありません。

 

 

得られるものの違い

 

頑張って働いている人と、給料泥棒とでは得られるものが大きく変わります。

 

 

給料泥棒をしている人は、

  • 毎月の給料
  • サボっている無駄な時間
  • リストラのリスク

と、給料以外はマイナス面しかありません。

 

 

しかし、頑張って働いている人は

  • 毎月のお給料
  • 周りからの評価
  • 仕事の経験、スキル

と、給料以外にプラスの付加価値が手に入ります。

 

 

 

サボっているその瞬間だけを見ると「楽」をしているので納得がいかないかもしれませんが、

将来的に価値になり、良い人生を過ごせるのは確実に後者

です。

 

 

給料泥棒をうらやむ必要はありません。

「今後大変な思いをするんだろうなぁ」程度で考えておけばいいと思います。

 

 

読んでいただき有難うございました(*´з`)

 

www.blockchain-life-mk.com