誰も教えてくれないお金の知識

お金に関することを紹介していきます。あとはブロックチェーンに関することをちらほらと。。。

タイ旅行で気づいたこと

f:id:ktmn1018:20191019151501j:plain

 

らふです。

 

 

数日間タイに行って気づいたことをお話しします。

 

 

タイはここ数年で一気に経済発展をしてきました。

平均年収は115万なんて言われていますが、そんなことを感じさせないくらい勢いのある国だと感じました。

 

1.物価が日本と変わらない

 

まずホテル近くのレストランで食べたピザは約400バーツ(日本円で1400円)です。


f:id:ktmn1018:20191019145122j:image

 

タラートロットファイ・ラチャダーという屋台が集合したようなマーケットがあります。
f:id:ktmn1018:20191019145145j:image

 

ここでは、

単品の食べ物だと60バーツ~100バーツ(日本円で200~280円)、

一品料理だと200~400バーツ(700~1400円)、

コップ一杯のビールは60バーツ(210円)という感じでした。
f:id:ktmn1018:20191019145242j:image

 

 

など、ほとんど日本で購入する金額と変わりませんでした。

 

 

2.軽自動車を見ない。

車はめちゃくちゃ多くて頻繁に渋滞するほど走ってはいますが、軽自動車を全く見ません。しかもほとんどの車がトヨタかホンダかマツダ(日本車)でしたね。

 

日本ほど税の優遇がないので軽自動車を買うメリットがないとも考えられますが、車を持っているほとんどの人が普通車を買えるだけの収入があるということに驚きでした。

 

 

3.コミュニケーションツールはLINEがメイン

 

街中でもLINEの広告はめちゃくちゃ見ます。

ほとんどの人がLINEを使っているようでした。

 

(日本のLINEとは少し仕様が違うようでしたが、、)

 

4.電車は結構頻繁に来る

 

海外だと電車はずさんで中々来ないようなイメージを持っている方も多いと思います。

 

しかし中心部バンコクの電車はだいたい5~10分間隔で来るので特にストレスもなく利用することが出来ました。

 

ただ正確な時刻表などはないので来たら乗るという感じです。

 

 

5.トゥクトゥク便利

 

タイでの移動手段は

車、電車、バイク、トゥクトゥク

のどれかです。

 

その中で日本にはないトゥクトゥクという乗り物が便利です。

写真撮り忘れました。

 

トゥクトゥクとはバイクとタクシーを足して2で割ったような乗り物で、

街中のお客さん待ちお兄さんたちに気軽に声をかけて、交渉して、送ってもらうので気軽に使えます。

しかも結構スピードを出すので風を感じながら楽しく乗れます。

 

料金制度は無いようなので料金は交渉次第ですが、

基本的に提示される料金はタクシーなどと比べると安いので「歩き疲れた、歩くのが少しだるい距離」などの場合に使うと便利です。

 

 

最後に

 

とても楽しめたのですが、その分危機感も感じました。

発展中の国の物価が日本とほとんど変わらないという状況。

 

これからもっと発展していくと日本のホワイトカラーの給料は越される日も遠くないと思われます。

 

日本はもっと危機感を持つべきですね(;^ω^)

 

www.blockchain-life-mk.com