お金に支配されない人生@らふの日記🐹

お金に関することを紹介していきます。あとはブロックチェーンに関することをちらほらと。。。

借金=悪ではない

f:id:ktmn1018:20190913214425j:plain

 

らふです。

 

借金と聞くとどのようなイメージがありますでしょうか?

 

(。・ω・)ノ お金がない場合に銀行やサラ金から借りるもの

(。・ω・)ノ 高額な商品(家や車)を買う場合に借りるもの

(。・ω・)ノ 大学に行くために借りる奨学金

 

人によって様々なイメージがあると思いますが、どれも正解です。

 

 

しかし、一言で「借金」と言うとネガティブなイメージを思う方が多いのではないでしょうか?

 

(´-ω-`)ゞ 多額の借金がある人は生活がだらしない。

(´-ω-`)ゞ しっかりと貯金しないから借金をすることになっている。

 

という負のイメージが先行していると思います。

 

 

 

ですが、借金は必ずしも悪いものではありません。

 

例えば、 

会社を立ち上げる際は銀行や投資家からお金を借ります 。

 

銀行からお金を借りる(融資)には「事業計画」などを説明し、今後事業が成長し貸したお金を返してもらえると信じてもらう必要があります。

投資家へは返す義務はありませんが将来、貸した以上の価値を返してくれると信用してくれているから投資をしてくれます。

 

これが事業を行うための原資となり会社は成り立っています。

 

 

 

個人の場合でも、

 

銀行、クレジットカード、カードローンなどの金融会社の場合は、

「年収、他社の借入状況、勤め先の事業内容」などから、

貸したお金を返せる充てが無いと判断したお客にはお金を貸してくれません

企業やカード会社があなたなら貸してもお金を返してくれると信用しているからお金を貸してくれます。

 

友達の場合でも同じです。

貸したお金を返してくれると信じれる、

もしくは返ってこないかもしれないけど有意義に使ってくれそう。

と、信用できる人にならお金を貸すことを躊躇しませんね。

 

 

 

逆にあなたがお金を貸す立場ならどうでしょうか?

 

「会社で誰よりも働き成果を出してきて次のステップに進みたい人」

 VS

「大して仕事もしてないのに上司が気に入らないからなどの理由で会社を辞めた人」

 

この二人が「起業するからお金を貸してほしい!」と言ってきたらどちらにお金を貸しますか?

 

どちらに貸したいか、信用できるかは明白ですよね。

 

 

 

そうです、

借金が出来るということは「信用がある」ということです。

 

借金があることを誇りに持つべきだとは言いませんが社会的信用の尺度を図る一つの要素として考えることもできます。

 

借金 =利子をつけてお金を返さなければいけない : ネガティブ

借金 =社会的に信用がある           : ポジティブ

 

上記のように必ずしも「借金=悪いもの」ではありません。

 

 

しかし、無計画な借金はお勧めしませんのでご注意ください。

 

最後に

 

借金をするのも個人の自由です。そのお金をどう使おうとその人の自由です。 

 

借りたお金をタバコやパチンコに使うことも、将来を見越して投資や資産形成に使うこともどちらも正解だと私は思っています。

 

 

お金の使い方に正解も間違いもありません。

自分なりの正しいと思える使い方を見つけてください。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

www.blockchain-life-mk.com