お金に支配されない人生@らふの日記🐹

お金に関することを紹介していきます。あとはブロックチェーンに関することをちらほらと。。。

借金は1日でも早く返した方がいい(リボ計算編)

らふです。

4部に分けて、分割払い、リボ払い、カードローンの手数料を計算しています。

今回は第2部「リボ払い」です。

支払総額

前回の分割払いと同じ金額で計算します。

例えば、

50万円の商品を年利15.0%リボ払いで購入したとします。
月々の返済金額を20,000円とすると、支払回数は31回、 総額は「約603,246円」となり、商品代金に加え100,000円ほど手数料を払うことになります。
※リボでは「元利定額方式」と「元金定額方式」という二つの計算方法がありますが、今回は「元利定額方式」で計算しています。

商品代金の20%分の手数料を追加で払うことになります。

月々の返済額が大したことないからと、油断しているとかなり無駄な出費になるので気を付けてください。


途中一括返済

では途中で一括返済した場合はどうなるのでしょうか?

リボ払いの利息は、

残債額 × 年利率 ÷ 365日 = 1日あたりの利息額

1日あたりの利息額 × 前回支払い日からの経過日数 = 支払利息

という式で利息計算を行います。

分割払いは商品購入時に手数料を計算しますが、リボ払いは毎月の支払時に利息を計算します。


途中で一括返済をする場合は、

16回目で一括返済すると、支払総額は「578,270円」となり、
31回払いと比較をすると、「24,976円」支払金額が減ります。



月々の利息と、残高の推移は以下のようになっています。

f:id:ktmn1018:20190830221659p:plain

早めに返済することで、無駄な利息を支払わずに済みますので、借金をする際は正しい理解の上、お金を借りましょう!!


ここまで読んで頂きありがとうございました(/・ω・)/ 次回はカードローン編です!

www.blockchain-life-mk.com

www.blockchain-life-mk.com